■ 家族の気配を感じる間取り

家族の気配を感じる間取り

現代人の生活は、一見、豊かなように見えてそうではない側面も持っていると思います。

家にいながらにして、インターネットを通じて世界とつながれるし、 携帯メールでは好きな個人とつながることができるし、 手間暇かけなくても、美味しい食事を買うこともできます。

自由な反面、いろいろな選択肢を前に私たちは、個人の時間を優先していることで、 今現実、目の前にある世界を置き忘れてしまいそうになるときがあるような気がします。

今目の前にある世界、それは「家族との時間」

忙しい現代人の生活や多様化するライフスタイルの中で、家族と過ごす時間はとても貴重な時間であるといえます。

だからこそ、それぞれ違うことをしていても、お互いの気配を実体験として感じることができる空間が必要だと考えています。



家族の気配を感じる間取り

ある日曜日の午後、お父さんはダイニングで新聞を読んでいて、お母さんはご飯の支度をしていて、お兄ちゃんはファミリー書斎で試験勉強をしていて、妹はリビングで遊んでいて・・・

いろいろな個人の時間が、お互いの気配を感じながら過ぎていく。

お兄ちゃんは集中したいから、ファミリー書斎のドアを閉めてはいるけれど、リビングに面したちいさな窓からは灯りがもれて、あぁ頑張っているんだなと皆思ったりする。

そうして、家族の存在を感じあい、守られながら暮らしていける空間。

家自体が家族の生活のサポートをしてくれるのだともいえると思います。


そんな「家族の気配を感じる間取り」を提案しています。

デザインPick upはこちらへ→「リビング&ダイニング

家族の気配と距離感