■ すっきりと暮らすための収納計画 | リビング収納

京都女性建築士 池田デザイン室 すっきりと暮らすための収納計画 | リビング収納

「収納」はすっきりとした暮らしを実現するためには切ってもきれないものです。

家族が集まったり、一日の多くの時間を過ごすリビング。
新築をお考えの方は誰でも、リビングは一番いい場所に!と思うはずです。

リビングでは、TVを見たり、音楽を聴いたり、本を読んだり、ごろんと横になったり、 洗濯モノをたたんだり。

小さいお子さんがいる家庭では、お昼寝をしたり、遊んだり、着替えをしたり。
小学生になれば、宿題をしたりも。

思いつくままに書いただけでも、本当にいろんなことをするもんです。

そうなると、DVDやCD、ビデオカメラ、本、ちょっとした毛布、子供のおもちゃ、服、小学校の教科書
それだけでなく、救急箱や爪切りなどの衛生用品、ティッシュなどの日用品、 スペースがあれば掃除機も置きたいですね。

リビングは家族共有のもの、個人のものいろいろなものを仕舞える収納があればよいですね。
大容量の収納が設置できれば、生活空間がすっきりしてきます。 にもかかわらず、リビングに収納がない間取りはよく見かけます。

実際、インテリア相談などでインテリアの悩みはとお伺いすると、「リビングが片付かない」とおっしゃる方はとっても多いんです。
とくに子供のおもちゃが片付かないとおっしゃる方の多いこと。

仕舞いにくい、 そして、仕舞う場所が遠い 私自身ずぼら人間なので、そうなるとその辺に置きっぱなしに・・・

住宅の設計の仕事をするにつれ、ますますリビングの収納の大切さを感じるようになりました。

京都女性建築士 池田デザイン室 すっきりと暮らすための収納計画 | リビング収納

作り付けられた収納がないと、置き家具をおくことになります。
しかしながら、置き家具ってあまり大きなものだと、圧迫感があったりして容量も限られているので、 作り付けの収納って必要だなと思うのです。

なので、プランニングの時には必ずリビング収納を考えて設計するよう心がけています。
新築を計画中の方は、ぜひリビングに収納があるかチェックしてみてくださいね。

おうちのリビングに収納はあるけど、リビングが片付かないという方は、 一度リビング収納を見直してみてはいかがでしょうか。
普段使わないものが入っているかもしれませんよ。

すっきりと暮らすための収納計画 | 洗面室の収納