■ すっきりと暮らすための収納計画 | キッチンの収納・パントリー

キッチンは毎日使う場所ですし、忙しい主婦(主夫)をサポートできるよう、特に使い勝手を考えて収納を計画します。池田デザイン室では、既製品のキッチンだけではなく造作家具で造るキッチンもデザインしています。
電子レンジや炊飯器などの生活家電は使いやすいレイアウトにしますが、生活感が出やすいのでオープンキッチンの場合は特にダイニングから見えにくい場所に。

京都女性建築士 池田デザイン室  すっきりと暮らすための収納計画 | キッチンの収納・パントリー 京都女性建築士 池田デザイン室  すっきりと暮らすための収納計画 | キッチンの収納・パントリー









(上記写真左:K様邸キッチン 写真右:H様邸キッチン)



そして、面積的な制約がない限り、キッチンにはできるだけパントリーを設けるようにしています。
パントリーに入れるのは、普段あまり使わないものやストックが中心です。 収納しにくいホットプレートや卓上コンロ、ビールやお水、お米などのストック、お客様用の食器 土鍋、ティッシュペーパーのストックなどなど、大きな不ぞろいのものを収納するのにとっても便利です。

京都女性建築士 池田デザイン室  すっきりと暮らすための収納計画 | キッチンの収納・パントリー

(↑左側がパントリー)

パントリーが設置できない場合は、特に大きなもの(卓上コンロやホームベーカリーなど)を収納できるように計画します。

京都女性建築士 池田デザイン室  すっきりと暮らすための収納計画 | キッチンの収納・パントリー

(↑抽斗は奥行60㎝のフルスライドレールで大容量の収納)

すっきりと暮らすための収納計画 | 造作家具