■ ドアとドア枠

平面図で見ているときは、分からないものですが、 ドアや窓というものはとても存在感があります。

ドアは実際に開閉する際に、実際に手で触れるもの。 ドアのデザインもハンドルの握り具合まで、確かめてひとつひとつデザインしています。
そして、忘れてならないのが、その枠材。フローリング材と同様、無垢の木を使うことで、空間の質を保っているのです。

京都女性建築士 池田デザイン室 ドアとドア枠 京都女性建築士 池田デザイン室 ドアとドア枠
オリジナルデザインの玄関ドア 枠材を見せないすっきりとした収納建具
京都女性建築士 池田デザイン室 ドアとドア枠  
ガラスにも表情のあるものを選びます  

デザインpickupはこちらへ→建具

照明を吟味