■ 構法・構造材について

京都女性建築士 構造と構法

そして、インテリアでは見ることができない構造材。 池田デザイン室では、特別な指定がない限り、木造在来工法で設計しています。
予算的な制約がない限り、構造材は集成材は使わず、本来の木の持つ強さを生かして、ひのきの柱、ベイ松の梁。
その構造材に隣接する外装材、断熱材は湿気をこもらせないことに配慮しています。